【注目】世界がハマるLo-fi Hip Hopの魅力!日本との関係は?おすすめのアーティストを紹介!

音楽解説
ハルカ
ハルカ

どうも、最近Lo-fi Hip Hopにゾッコンのハルカです

あなたはLo-fi Hip Hopという音楽ジャンルをご存じだろうか。

Lo-fi Hip Hopはインターネットを中心に人気を集め、ここ数年間で最も伸びている音楽ジャンルと言っても過言ではない。

近年日本の若者の間でチル」「エモいという言葉が使われているように、情緒的で落ち着いた雰囲気の世界観が様々な分野で人気を集めているが、Lo-fi Hip Hopはまさにそんな世界観を音楽で体現するかのような存在である。

しかしその起源やサウンドは奥が深く、決して「エモい」という言葉だけでは片付けられないほどの魅力を秘めているLo-fi Hip Hop。

今回はそんなLo-fi Hip Hopの世界をご紹介しよう。

スポンサーリンク

Lo-fi Hip Hopとは?

まずはLo-fi Hip Hopの曲を聴いてみよう。

この2つはどちらもYouTubeの再生回数が1000万回を超える人気曲だ。

(FREE) Lo-fi Type Beat – Rain
(FREE) Lo-fi Type Beat – I Need a Girl

聴いての通りLo-fi Hip Hopはスローテンポで、のんびりとしていてヨレたような心地の良いサウンドが特徴である。

定義としては、「ジャズなどをサンプリングの元ネタとして、それを意図的に汚したヨレたトラックで構成される音楽」といったところか。

しかしこの定義も年々曖昧になってきており、落ち着いてリラックスできるトラックを総称してLo-fi Hip Hopと呼んでも差し支えないかもしれない。

こうした特徴を持った音楽は古くから存在していたが、「Jazzy」「Chill」などと呼ばれ呼称が明確ではなかった。

しかし2013年頃、突如としてLo-fi Hip Hopというジャンルが確立される。

きっかけはインターネットラジオ局「Chillhop Music」が制作した1つのプレイリストだった。

Lo-fi Hip Hopの始まり

インターネットラジオ局「Chillhop Music」は、2013年4月23日に『a lo-fi chill beats』と題したプレイリストを公開する。

これは現在で言うLo-fi Hip Hopに分類される楽曲が多く収録されており、このプレイリストはインターネット上で人気を集めていった。

するとその人気ぶりを見たユーザー達はどうするだろうか。

その人気にあやかろうと「Lo-fi」と名前を付けた類似の動画を数多くアップロードしていったのだ。

Youtubeの検索結果がライブ・ストリーミング配信を上位に表示する仕様だったため、ユーザー達は再生回数を稼ぐために「Lo-fi Hip Hop」というタイトルを付けられたライブ・ストリーミング配信が増加。


延々と音楽を垂れ流し続けるライブ・ストリーミング配信は、作業用BGMとして優秀なLo-fi Hip Hopとの相性が良く、チャンネルの増加と共にリスナーも急増していった。

ハルカ
ハルカ

ここからLo-fi Hip Hopは急速に発展していったよ

スポンサーリンク

Lo-fi Hip Hopと日本の関係

nujabesの影響

Lo-fi Hip Hopの起源は明確にされていないが、Lo-fi Hip Hopの父と呼ばれる人物は2人いる。

1人はアメリカ出身のビート・メイカーである「J Dilla」

もう1人は日本出身のビート・メイカー「nujabes」である。

そう、実はLo-fi Hip Hopの起源は日本だったかもしれないのだ。

nujabesは「海外で最も再生された日本人アーティスト」で3位に入るなど海の向こうで絶大な支持を集めている。

不幸にも2010年に36歳の若さで交通事故により他界してしまったが、今なお人気の衰えない伝説のビート・メイカーだ。

nujabesは生前にインタビューをほとんど受けず、初めは国籍すらも非公表にしていたため、非常にミステリアスな雰囲気をまとっていた。

さらにnujabesとJ Dillaは同じ1974年2月7日生まれであり、亡くなった日も近かったことから海外Lo-fi Hip Hopファンの間では神格化されているようだ。

ハルカ
ハルカ

ちなみに私も2月7日生まれなんだ!なんとなく嬉しいな~

Lo-fiに溶け込む日本のアニメ

Lo-fi Hip HopはYoutubeという媒体で発達したためか、常にそのイメージに沿った映像と共に投稿されてきた。

そしてその映像に多く使用されるのが、日本のアニメーション作品である。

実はこれもNujabesの影響だ。

発端は2004年にフジテレビで放映されたテレビアニメ「サムライチャンプルー」のテーマソングをNujabesが担当したことに始まる。

Nujabesが作曲したサムライチャンプルーのオープニング曲。
そのサウンドは10年以上経った今でも多くのリスナーの記憶に残り続けている。

Samurai Champloo サムライチャンプルー 映像特典 「ノンテロップOP」 1080p

「サムライチャンプルー」は日本ではそこまで有名ではないが、海外では江戸時代の日本を描いた異国感が受け、ワンピースやドラゴンボールと並ぶほどの人気アニメとなった。

Lo-fi Hip Hopが流行した際、そのサウンドにNujabesを連想したリスナーは多かった。

そして「サムライチャンプルー」の存在もあり、Lo-fi Hip Hop=日本のアニメという認識が強まったと言われている。

偶然とはいえ、Lo-fi Hip Hopの映像に使われるようになった日本のアニメたち。

もしかしたらLo-fi Hip Hopがきっかけで日本のアニメに興味を持ってくれる外国人がいるかもしれない。

日本人としては非常に喜ばしいことである。

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の映像が使用された一曲。
楽曲とエヴァンゲリオンに何の関係性もないが、不思議と違和感は感じない。

the girl next door – ON TOP

メガヒットを飛ばしたLo-fi Hip Hopソング

初期のLo-fi Hip Hopは主にビートのみで構成されていたが、近年はラッパーによるリリックが加えられるケースが多くなってきた。

中には世界的大ヒットを飛ばすアーティストも現れ、Lo-fi Hip Hopはさらに進化と広がりを見せている。

Powfu-『death bed(feat. beabadoobee)』

Powfuはカナダ出身のアーティストで、2017年2月にSoundCloudへ楽曲をリリースして以降、同プラットフォーム上で多くの再生数を獲得してきた。

彼は元々バンドマンとして活動していたが、次第にLo-fi Hip Hopへ興味を持ち、2018年以降は日本のアニメをモチーフにしたLo-fi Hip Hopの楽曲に力を入れるようになる。

そんな彼が2019年に発表した曲が『death bed (feat. beabadoobee)』だ。

まさしくLo-fi的な切なく落ち着きのあるトラックに乗せられるのは、恋人を残して死にゆく男の悲しい嘆きを書いたリリックである。

SoundCloudでリリースされたこの曲は、TikTokで使用されるなどして瞬く間に世界中に拡散され、今やYouTubeでの再生回数が2億回を超えるほどの大ヒットとなった。

無名のアーティストがここまでのヒットを叩き出すというの現象は珍しいが、SoundCloudへの投稿やSNSでの拡散などを欠かさなかったPowfuの地道な積み重ねが実った結果であろう。

Powfu – death bed (coffee for your head) (Official Video) ft. beabadoobee

XXXTENTACION-『Jocelyn Flores』

アメリカ出身のラッパー、XXXTENTACIONが発表した『Jocelyn Flores』はLo-fi Hip Hop至上最大のヒット曲と言っても過言ではない。

ミュージック・ビデオすら作られていないアルバム曲だが、Youtubeでの再生回数は5億5000万回を超えている。

残念ながらXXXTENTACIONは2018年に強盗に襲われ20歳で命を落とした。

Lo-fi Hip Hopアーティストはなぜか若くして亡くなってしまうことが多いようだ。

XXXTENTACION – Jocelyn Flores (Audio)

『Jocelyn Flores』でXXXTENTACIONがサンプリングしているのは「Shiloh Dynasty」という謎多きシンガーの曲だ。

彼(彼女?)は顔や年齢、性別に至るまで全く公表していない。

Shiloh Dynastyは2014年頃から活動を始め、Vineに6秒間程度のアコースティックギターでの弾き語りをアップロードするようになる。

その声はLo-fi Hip Hopとの相性が良く、曲が短いためループしやすいということもあり、インターネット上には数多くのトラックがアップロードされた。

そして当のShiloh Dynastyだが、2015年からInstagramに16本のビデオをアップロードした後、2016年9月の”Come Here”という一言が添えられた投稿を最後にインターネット上から忽然と姿を消してしまった。

自殺したという説を信じたユーザーによってInstagramは追悼のコメントで溢れたが、それでもShiloh Dynastyは沈黙を貫いた。

その後はTwitterのアカウントが制作されたが、それが本当に本人のものだという確証はない。

いずれにせよ2020年12月時点で消息は不明のままである。

おすすめのLo-fi Hip Hopアーティスト

nujabes

Lo-fi Hip Hopの父と呼ばれるだけあって、そのサウンドは今も世界中で愛され続けている。

人気曲の『Luv(sic)』はシリーズ化されており、part6まで制作されている。

筆者はpart2がお気に入りだが、ぜひシリーズを通して聴いてほしい。

Nujabes – Love Sick (part 2)

J Dilla

nujabesと並びLo-fi Hip Hopの父と呼ばれるJ Dillaは、2001年のシングル「Fuck The Police」でソロデビュー。その後の音楽活動は順調だった。

しかし元々弱かった肝臓の影響もあり、特に2004年以降はひどく体調を崩してしまった。

さらに血液病を患った彼は病床につきながらも楽曲を作り続けたが、2006年2月10日に36歳の若さでこの世を去った。

アメリカでは、現在でも新人トラックメイカーがメディアで「ネクストJ Dilla」と紹介されることがあるほどに根強い人気がある。

特に『Life』は人気の高い一曲だ。

J Dilla – Life (Instrumental)

jinsang

jinsangはLo-fi Hip Hopの楽曲を数多く制作しているアメリカのビートメイカーである。

その中でも『egyptian pools』は非常に落ち着いたメロディーと水音が心地よく、筆者のお気に入りだ。

この曲は最後に一瞬だけ日本語が聞こえてくる。

そう、実は日本の曲をサンプリングしているのだ。

サンプリングされたのは門あさ美の『BLUE』という曲。

ジャズから始まったLo-fi Hip Hopのサンプリングも、今やジャンルを飛び越えて広がりを見せている。

Youtubeのコメントを見ると、どうやら80年代のcity popは外国人や日本の若い世代には新鮮に聴こえるようだ。

リアルタイムで聴いていた世代は懐かしさを感じられるし、世代によって違った楽しみ方が味わえる一曲かもしれない。

egyptian pools

門あさ美は80年代に活躍したシンガーソングライターだ。
『BLUE』は日本でもマイナーな楽曲であるにも関わらず、YouTubeのコメント欄には海外からの書き込みが数多くみられる。

BLUE – 門あさ美

kudasai

kudasaiはフィリピンとメキシコの血を引くアメリカ人で、Youtubeのチャンネル登録者数が1年間で40万人以上増えている、とても勢いのあるアーティストだ。

彼の作る曲はノスタルジーな雰囲気に包まれており、それにマッチした日本のレトロなアニメ映像を使用している。

どうやらこれはnujabesの影響というよりは彼の個人的な趣味のようで、インタビューでは「僕だけがいない町」というアニメがお気に入りだと語っている。

kudasai – dream of her

GREEN ASSASSIN DOLLAR

「舐達麻」へ楽曲提供したことで人気が急上昇しているGREEN ASSASSIN DOLLAR。

彼は神奈川県出身の日本人だ。

彼が提供したトラックが使用された『100MILLIONS』と『BUDS MONTAGE』はYouTubeでの再生回数が1000万回を超えるなど、日本でもLo-fi Hip Hopがヒットを飛ばせることを証明してみせた。

彼のYouTubeチャンネルには数多くのトラックが投稿されているため、ぜひ確認してみてほしい。

Real

おすすめのLo-fi Hip Hop配信チャンネル

Chilled Cow

なんとなくジブリっぽい雰囲気のアニメーションと共に音楽を聴くことができる。

昔は「耳をすませば」のワンシーンをそのまま使用していたが、さすがに著作権の問題に引っかかったのだろうか。

lofi hip hop radio – beats to relax/study to

STEEZYASFUCK

coffee shop radio // 24/7 lofi hip-hop beats

まとめ

いかがだっただろうか。

インターネット上で多くの人々を巻き込みながら急速に発展してきたLo-fi Hip Hop。

まだまだ生まれたばかりの音楽ジャンルであるため、特に日本ではまだマイナーなジャンルであると言わざるを得ない。

しかし、実はソニーなどの大手レーベルがLo-fi Hip Hop注目しているという話もあり、これからさらに広がっていく可能性を秘めているのも確かだ。

今後の動向に注目しつつ、Lo-fi Hip Hopのディープな世界を楽しんでいこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました