【TikTokのアレ】Jack Stauber(ジャック スタウバー)とは?おすすめの楽曲を紹介!

音楽解説

皆さんはJack Stauberというミュージシャンを知っていますか?

彼の楽曲は数年前からインターネットミームとして拡散され、最近ではTikTokに使用されることが多くなってきました。

Jack Stauberという名前にピンと来なくても、TikTokをよく利用する方であれば一度は聴いたことがあると思います。

いったいどんな人物なのでしょうか?

今回は彼について少し解説していきたいと思います。

Jack Stauberが作曲した『Buttercup』はTikTokで大流行し、YouTubeの再生回数は1億8000万回を超えている。

MV | Jack Stauber – Buttercup
スポンサーリンク

Jack Stauberのプロフィール

名前 Jack Stauber(ジャック スタウバー)

性別 男性

誕生日 1996年4月6日

出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州マッキーン

瞳の色 青

Jack Stauberは、1996年4月6日にアメリカ合衆国のペンシルベニア州に産まれました。

無造作な髪形と立派な髭がトレードマークで、その容姿は20代半ばとは思えない貫禄がありますね。

身だしなみを整えればかなりイケメンだと思うのですが、彼はこの恰好が一番落ち着くようです。

独特の世界観

Jack Stauber  動画集 1 (憂鬱感に注意)

Jack Stauberの音楽は様々なジャンルを混ぜ合わせたような独創的なものです。

MVは90年代以前を思わせるノスタルジックなもので、時折登場する不思議な粘土のキャラクターは彼の自作品です。

歌い方も独特で、シャワーの最中に発声練習をしていたら今の歌い方に辿り着いたのだそうです。

とある海外サイトには「非常に奇妙で伸縮性のある歌声」という紹介がされていました。

褒めているのかは分からないですが、私はそんな彼の世界観が気に入っています。

歯が大好き

Out the Ox – Jack Stauber

Jack Stauberはなぜか歯に強い関心があるようです。

歯に関する内容の歌詞を楽曲に含めることが多く、しかも『Out The Ox』のMVに登場する粘土のキャラクターには本物の歯を使用したんだとか。

ここで使われた歯はファンに呼び掛けて送ってもらったもので、現在でも歯の募集は継続しているようです。

人間の歯ではなくても良いらしいので、ちょうど歯が余っているという方はJack Stauberにプレゼントしてあげてください。

数か月後にはその歯がMVに出演するかもしれませんよ。

多彩な才能

Jack Stauber’s OPAL | adult swim smalls

Jack Stauberは多彩な才能を持つアーティストであり、音楽以外にも芸術家やアニメーターとしての一面を持っています。

彼はSNS上でいくつも作品を公開しており、その完成度に複数のアメリカ企業が広告塔として注目しているという噂もあるほどです。

さらに、2020のハロウィンには短編映画『OPAL』を完成させました。

映画は少女が通りの向かいにあるお化け屋敷を調査するという内容で、ユニークで緻密なストーリーが高く評価されているようです。

スポンサーリンク

おすすめの楽曲

Oh Klahoma

Oh Klahoma – Jack Stauber (Music Video) 👻

『Oh Klahoma』の歌詞は難解ですが、その独特のリズム感が癖になり、何度も聞いてしまう不思議な魅力があります。

Jack Stauberにしては珍しい実写のMVで、誰にも気づかれない悲しい幽霊が街を彷徨うという内容になっています。

Bumblebees are Out

Bumblebees are Out (feat. Anna) – Jack Stauber

『Bumblebees are Out』はJack Stauberの中でも特に不気味な楽曲です。

動画のサムネイルが半端じゃない存在感を放っていますね。

花瓶を割った女の子がお父さんに家を追い出され、外で花を摘んでいるところを蜂に刺されてしまうというだけの内容なのですが、風邪をひいた時に見る悪い夢のような映像が視聴者に強いインパクトを与えます。

Two Time

📺Two time – meme

『Two Time』は辛い友達関係の悩みを歌った楽曲です。

MVのアニメーションを作ったのは람다람(ランダラン)という韓国出身の絵師で、歌詞の憂鬱な気持ちを表現しつつ、とてもかわいらしい雰囲気を纏った仕上がりになっています。

ちなみに람다람さんは日本の文化が大好きなようで、自らも日本語を話すことができるんだとか。

他のMVには「イチゴオレ」などの日本語が登場しているので、気になった方は彼女のYouTubeチャンネルをチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今や音楽業界の中で唯一無二の存在となっているJack Stauberですが、今後はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

TikTokで彼の楽曲に遭遇した際には、是非とも彼の作るサウンドにも注目していただきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みんなの声

コメント

タイトルとURLをコピーしました